MEMBER INTERVIEW articles

都市部の河川を見直すエコシップ計画

都市部の河川を見直すエコシップ計画

これまで私は子供の安心を考えるためのキッズデザイン賞や、国産材活用推進のためのウッドデザイン賞の制度設計に携わり、審査委員長を務めたほか、グッドデザイン賞の審査副委員長、フード・アクション・ニッポン・アワードの審査委員長

今後、公共空間で多様な社会実験をしたい

今、都市が面白くないと感じています。 例えば駅前の風景を見てみても、どこも大型チェーン店ばかりが並び、マス化され、類型的な街作りとなっています。それは地方へ行っても同じ。昔は都市ごとに歴史や風土に根付いた個性があったので

公共空間にもスマートデザインの定義を

2014年に私は日経BP社を退社し、意と匠研究所を創設しました。 意と匠研究所は、デザインを活用した問題解決と価値創造をお手伝いする会社です。問題解決のための新しい仕組みを作り、問題を抱えている本人がその仕組みによって解

「楽しい」公共空間のイメージ作りを

古い建物の再生を目的に、不動産仲介サイト「東京R不動産」を立ち上げて12年経ちます。社会全体で古い建物を見直すムーブメントがどんどん広がり、金沢、大阪、神戸、福岡、鹿児島など「地方版R不動産」も誕生しました。さらに日本中

Top